忍者ブログ
生きますわよっ
ガンがあっても
ARCHIVE
COMMENT
LINK
 なつんこ日記
 
アッキ-さんBlog
 AD
PR
PLOFILE。oO

ゑべっさんのプロフィール

  ゑべっさん
 
 Log-in Write

SEARCH
この記事はサイドバーにリンクしてあるサイトからの引用です
私がこの博士を信じたのは利益にしようとしなかったからです
私が持ってるザッパーという機械も この博士が発明したもの
身内や友人達は特許を申請するように何度も説得したようですが それでは全ての人の癌を治癒できないと 出版物にその構造の全てを載せたそうです(日本では売っていません 翻訳されている本も絶版で出版社に問い合わせましたが もう出版はしないとのこと)人を治すという事を必要以上に利益にするのは本当の医師のすることだと思いますか?
多くの医療関係者はこの博士をインチキだと言い他国へ追いやりました
不思議なのは癌を三大治療から遠ざける出版物は絶版になってる物が多いということです

ここから↓

 ・すべてのガンはファラオロプシス・ブスキーというただ一つの
  寄生虫が引き起こす
 ・これを駆除できればガンは即座にストップし、ガン組織は正常
  な細胞へ戻る
 ・この寄生虫の異常繁殖を促すものはプロピルアルコールである
 ・この寄生虫を駆除できるのは、クローブ、ニガヨモギ、黒クル
  ミチンキの3種類のハーブだけである

ほんまかいな!と思ってしまうような内容です。今までのガンのイ
メージとはずい分と違います。しかし細胞が異常分裂してガンへ発
展するという点では同じです。そのきっかけとなる原因が寄生虫と
プロピルアルコールという点が衝撃的です。
------------------------------------------------------------
ただ、この寄生虫はじつは人の腸内に普通に生息しているのです。
そして健康であるなら腸以外に広がることはなく、ほとんど害があ
りません。

しかし、腸壁が何らかの原因で傷ついたとき、卵が血管に入り、全
身に運ばれます。もし肝臓に来たときは正常な肝臓なら殺そうと働
きますが、プロピルアルコールが体内に蓄積していると肝臓の免疫
力が落ち、寄生虫を殺せずに爆発的に繁殖させてしまいます。

その結果、腫瘍因子が生まれ、これが細胞を無目的に分裂させるガ
ンの元となるわけです。これは肝臓での話ですが、寄生虫が別の器
官にいる場合は次のようになります。

 ・すい臓にいてウッドアルコールが存在していると糖尿病になる
 ・胸腺にいてベンゾールが存在しているとエイズになる
 ・脳にいてトルエンかキシレンがあるとアルツハイマーになる
 ・腎臓にいればホジキン病、子宮なら子宮内膜症、前立腺なら
  慢性前立腺炎、乳房なら乳ガン などなど

結局、この寄生虫が腸以外に定着するのは、体内にプロピルアルコ
ール系のアルコールを蓄積している人だけで、逆に言えば、ガンの
人は100%、肝臓とガン化した組織にプロピルアルコールを蓄積して
います。

この寄生虫を駆除できれば24時間以内に腫瘍因子は消滅するそう
です。
------------------------------------------------------------
では、寄生虫対策にはハーブを使うとして、プロピルアルコール対
策はどうすればよいかというと、それを含んでいるものを使わない
ようにするしかありません。含んでいる可能性のあるものは、

 ・化粧品、シャンプー、ヘアスプレー、うがい液、ムース、
  ボディーローション、シェービングローション、洗浄用アルコ
  ール…など

まだ他にいろいろあると思います。成分表をよく見ることが必要で
す。幸いなことに、新たにプロピルアルコールを取らなくなった数
日後から数週間後には体内蓄積分は自然になくなるそうです。
------------------------------------------------------------
ここで、今回私たちが実際に3種類のハーブの摂取と肝臓洗浄のプ
ログラムを試してみた結果をご報告したいと思います。ただし、私
たちはガンではない(と思っています)ので、ガンが治癒したとい
う結果は確認できませんが、一種の安心感は得られます。

<プログラム内容>

◎3種のハーブを朝起きてすぐと就寝前に取る。
 これを3週間続ける。
 
 ・3週間は体調に目立った変化はありません。多少便通が良くな
  ったかな、という程度ですが偶然かもしれません。
  クローブとニガヨモギは強烈な味です!

◎3週間後、2日間にわたって肝臓洗浄を実施。
 これには、特別の塩(エプサムソルト:早い話下剤)とクルミチ
 ンキを使用。
 一日目に朝食と昼食を軽く取った後は、二日目の昼まで絶食。
 その間に時間を厳守して、計4回のソルト水と1回のジュースを
 飲む。このジュースはオリーブオイルとグレープジュースをまぜ
 たもの。

 ・この肝臓洗浄は強烈でした。下痢をするということはあらかじ
  めわかっていたのですが、結局6回はトイレに走りました。
  2食を抜いたことと下痢で体重が2~3kgは減りました。
  そのせいか肝臓洗浄後は体が軽くなったような感じがします。
  また、肌の状態がとても良くなったようです。

なお、肝臓洗浄はガンとは直接ありません。誰もが持っていて、し
かも細菌の温床になっている胆石を取り除くことが目的です。胆石
は寄生虫の死骸なども形成の一要因になっていると考えられている
ので、必ず3週間の寄生虫駆除プログラムを実施した後に行います。

肝臓洗浄は消化力が劇的に改善されるので、食品に対するアレルギ
ーや、肩、背中、腕などの痛みがなくなり、活力が増すとされてい
ます。年に2~3回はやった方がよいそうです。 
------------------------------------------------------------
最後に、クラーク博士の説は近代医学と矛盾する部分もあります。
しかし、近代医学による治療法を否定しているのではなく、近代医
学が対処療法的による『治療』であること比べ、クラーク説根本的
に完治させる『治癒』をめざしているものであるといえます。

ガンに関心のある人も今は取りあえず関心のない人も、一読に値す
る本だと思います。ぜひお読みになってみて下さい。なお、かなり
大手の本屋でないと置いていませんので、お取り寄せになるとよい
でしょう。

2009年6月3日 毎日新聞

がん:虫下しで退治? 「副作用ない薬」開発できるかも

すい臓がんや大腸がんの細胞と回虫などの寄生虫で、エネルギーを作り出す代謝方法が同じ可能性が高いことが慶応大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)と国立がんセンター東病院(千葉県柏市)の共同研究で分かった。虫下しが人体に影響を与えず回虫だけを死滅させるように、副作用の無い抗がん剤が開発できるかもしれないという。研究所の曽我朋義教授(分析化学)は「酸素の希薄な場所で増殖するがん細胞の代謝方法を見つけ出せた。他のがんについても調べたい」と話している。

生物の細胞は一般的に酸素を取り入れ「クエン酸呼吸」でエネルギーを得る。しかし回虫は酸素の乏しい小腸に入り込むとフマル酸から変換したコハク酸を高濃度に蓄積しエネルギーを生産する「フマル酸呼吸」で代謝する。一部の虫下しはこれを応用してフマル酸からコハク酸への変換に必要な酵素を攻撃し、フマル酸呼吸を不可能にすることで、人体に影響を与えず回虫だけを死滅させる。

一方、すい臓がんや大腸がんなどのがん細胞は、回虫と同様に周囲に血管がなく酸素が乏しくても活発に増殖する。同病院はこれに着目。04年に虫下しを悪性のすい臓がんの細胞に投与したところ、がん細胞が死滅した。

この実験結果を受け、研究所が代謝物質を網羅的に分析する「メタボローム解析」で大腸がんの細胞を調べた結果、回虫がフマル酸呼吸をした時に見られるコハク酸の高濃度の蓄積が、大腸がんの組織でも起きていることを突き止めた。

胃がんや肺がんの細胞は血管から酸素を取り込んでおり、フマル酸呼吸はしていないとみられるという。

曽我教授は「コハク酸の蓄積から、大腸がんの細胞がフマル酸呼吸をしている可能性が高い。今後さらに研究を進め、それを立証する」と話している。【林奈緒美】

がん細胞と寄生虫、代謝が類似

慶大先端研・曽我教授ら立証

 国立がんセンター東病院(千葉県柏市)の江角浩安院長と慶応大先端生命科学研究所(鶴岡市)の曽我朋義教授らで作る研究グループは、がん細胞が増殖する際の代謝が、低酸素状態の腸内で活動する寄生虫の代謝と同じか類似したメカニズムであることを立証し、米国がん学会誌のホームページ上で発表した。曽我教授は「寄生虫を駆除する虫下し薬が抗がん剤になる可能性もある」とし、今後、新薬開発を視野に研究が進められる。

 江角院長らは、腸内などに寄生する回虫を殺す虫下し薬にがん細胞を死滅させる働きがあることを2004年に発見。低酸素状態の腸内で活動する回虫と、低酸素の中で増殖するがん細胞が、同様の代謝によってエネルギーを生産することを立証すれば、虫下し薬ががんに効く仕組みが解明できると仮定して研究を進めてきた。

 同研究所は、細胞内の代謝で作られる物質を短時間で測定・解析する技術を持っており、胃がんと大腸がん患者の正常細胞とがん細胞の代謝物を解析、比較した。その結果、回虫が代謝を行う際にコハク酸を高濃度に蓄積する現象ががん細胞でも観察され、同じような代謝を行っていることが立証できた。

 今後は、がん細胞の代謝だけを阻害する、副作用が少ない抗がん剤の開発に結びつけたい考え。仮に、がん細胞の代謝の仕組みが回虫と「まったく同じ」と解明されれば、現在ある虫下し薬がそのまま抗がん剤として使用できる可能性があるため、新薬の開発期間が大幅に短縮できるという。

 江角院長は「画期的な抗がん薬を開発する糸口を作った」とコメント、曽我教授は「研究結果は画期的なもの。さらにメカニズムの解明を急ぎ、特効薬開発の可能性につなげたい」としている。

拍手


   Comment

NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Cmment: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COLOR
PASS: Himitsu
 無題
2010.04.12 Mon 19:27:02
えびっちゃん。凄い!
私は今までな~んにも知らなかったと思い知った。
えびっちゃんのブログ最初から読み直して出直してきます。
mistymido Edit
 無題
2010.04.12 Mon 21:12:18
わーお!!
むむっママン思い当たる節がありまくりです。
コーヒー浣腸で肝臓の負担を軽くして数字がよくなったってのもありますが、それにあわせてシャンプーで頭がうすくなるというので、洗剤をやめてみーんな重曹にしたのです。(だって安いんだもん)
洗濯から体洗うのまで重曹。(だって頭にかけると流れて体までかかるからw)これでけっこう油分が取れていい感じになるのです。んでもともとお化粧全然しない人で、旦那さまのお酒も手作りで作っちゃう人なんです。お酒ってもともとの材料でできたお酒になんちゃらアルコールとかずいぶん足してうすめているのがお酒作るとまるわかりです。んで、コーヒー浣腸はお腹に便を長時間ためない作用もあります。
つづく
おにぎりママン Edit
 無題
2010.04.12 Mon 21:37:30
つづき
でも、数値ががこーっんとさがったのはなんといっても一週間の絶食があった月でした。一週間かけて徐々に食事の料を減らして、一週間朝のジュースと水のみですごしました。そして一週間かけて元に戻すんです。ほんとはもっと食べないでいられたんですが、旦那さんが心配性でw。食べなければ生きていけないなんて言うのがいかにうそっぱちで洗脳によるものかということがわかった瞬間でした。ほら、人間って何かに夢中になっているときってごはん食べなくっても全然大丈夫でしょ? 私たちはいつの間にか心がさみしい=お腹がさみしいに勘違いするように洗脳されていた気がします。食べないとほんっと調子がよくなります。なんていうかママンにとって一週間の絶食はリセットができたかんじです。体質が変わりましたもん。今までむくみがちで腎臓が弱くて残尿感、膀胱炎のくせなんかもすっかり治ってうそみたい。でした。
きっと中の寄生虫もキュウキュウいって流れちゃったのかもですね!
にがよもぎはワームウッドですね。今年はちょいと育ててみようかなぁ。アブラムシよけにでも。
そしてちっと舐めてみるかな。ww
おにぎりママン Edit
 無題
2010.04.12 Mon 21:49:09
あっそうそう、ブロとも承認どうもありがとうございました。今後ともよろしくおねがいしまーす。
m(_ _)m
おにぎりママン Edit
 今度
2010.04.12 Mon 22:58:19
ちゃんとレシピをUPするので 育てていて下さい
強い薬草ですので

私も中学生くらいから腎臓に よく石が溜りました
3年くらい前から背中の痛みが継続していたので 肝臓か腎臓が悪くなっているのではと自分でも思っていました
医師は癌とは関係ないと検査の時に言っていましたが 私はたぶん転移しているんだと思っています
CTも何も受けず これからも受けることはないので永遠に謎ですが
よく「肝心要の肝臓」って母が言っていました
ママンへ URLEdit
 出直すなんて
2010.04.12 Mon 23:04:03
ここはアフィリエイト用ブログとして作っていたので参考になるかどうか[絵文字:v-28]
キティちゃんのソファとか売っていたんですもん

今度もっと ちゃんとUPしておきますね
みなさんは興味無いと思っていたから
だってもし癌が虫下しで治ったら 今まで病院で高額治療をしてた人達が黙ってないでしょ?
mistymidoさんへ URLEdit
 追記
2010.04.12 Mon 23:19:06
そしてこの博士は本の中で 手術をするなら最小限に抑えるようにと言っています
完治した時 全ての臓器が必要になるからだそうです
癌の治療は延命ではなく 完全な治癒こそが治療なんですって
えびっちゃん URLEdit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
Copyright c 生きますわよっ All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]